絵画保存修復スタジオ 株式会社シー・アール・エス

講座のご案内

横浜美術館 市民のアトリエ

[2011年度前期]ワークショップにて2011/6/15より毎週水曜日に古典絵画技法講座「黄金背景テンペラ画」を担当します。
詳細な内容とお申し込みは以下のサイトをご覧ください。

横浜美術館 | 市民のアトリエ : ワークショップ
修復の講座ではありませんが、イタリアの板絵の技法や特徴をお伝えできればと思います。

■講座名 :古典絵画技法講座「黄金背景テンペラ画」

■上野 淑美(絵画修復家)

イタリア・ルネッサンス期の絵画に黄金背景テンペラがあります。 今回は作品の一部(花や果物)を模写して、支持体作成から金箔貼り、金箔装飾(刻印)、描画まで、現地の材料や道具に触れながら段階的に制作していきましょう。チェンニーノ・チェンニー二「絵画術の書」やウフィツィ美術館のビデオなどから当時の技法・材料・用語についての解説も行います。古典技法は工程の多い手作業ですが、できあがった絵画のもつ堅牢性や、独特な明るい色調の美しさを感じていただけると幸いです。
※作品はポストカードサイズになります



■講師紹介

上野 淑美=うえの よしみ
1986年 東京造形大学絵画科卒業。'91年 Firenze国際芸術大学 絵画修復科卒業、フレスコ修復研修。帰国後、修復工房勤務。'99〜'09年 PalazzoSpinelli講師研修、同東京校 絵画修復科主任。'00〜'07年 講座「イタリアにおける絵画の修復」(Giotto玉座の聖母/磔刑図) '07年 修復学会発表「イタリアにおける補彩と学校教育」 '08年 首都大学OU講座 「イタリア絵画の修復」 '09年(株)シー・アール・エス(絵画保存修復スタジオ)設立。http://restauro.crs2008.net/